【FAQ】保育料や授業料、諸経費について教えてください。また兄弟割引などはありますか。

2011年6月1日

2011年度の保育料、授業料、その他の諸経費は下記の通りです。

 

 

幼稚部保育料(毎月) 404ドル(1学期後期【夏期講座】も同額)

小学部授業料(毎月) 414ドル(夏期講座は740ドル)

中学部授業料(毎月) 419ドル(夏期講座は750ドル)

専科授業料(毎月) 211ドル(夏期講座は402ドル)

 

兄弟割引・・・本科のみ

2番目のお子さん 15ドル

3番目のお子さん 30ドル

4番目のお子さん 50ドル

 

入学金 420ドル

登録料(年1回) 110ドル

警備費(毎月) 6ドル

生徒保険(年1回) 22ドル

在籍費(休学の場合) 1ヶ月35ドル(2ヶ月まで)、夏期講座は45ドル

証明書発行 一通10ドル

 

●入学金

お子様が本校に入園・入学されるときに請求します。一度お支払いになれば、お子さんが中学部を卒業するまで有効です。本校を退学し、日本に帰国されたり、他州に引越しされたりした後、再び本校に戻って来られる時にも有効です。

●登録費

日本ではあまり耳にしない費用だと思います。アメリカでは年度初めに請求されます。お子様を本校に迎えるにあたり、事務や教室は様々な手続きや処理、準備をしなくては、そのための費用が登録費です。

●警備費

本校ではお子様や保護者、並びに教職員の安全のために、警備員を保育・授業時間に常駐させています。そのための費用をみなさんに平等に負担していただいています。

●生徒保険

お子さんが本校に向かうその時から、本校にいる間、またご帰宅されるまで、生徒保険は有効です。交通事故や不慮の事故などで多額の出費を余儀なくされても、この保険に入っていれば、保護者の健康保険と組み合わせれば保護者の自己負担は無くなります。保護者に保険が無い場合でも大丈夫です。

●在籍費

お子さんが休学されるときに、お子さんの籍を確保するために徴収します。

●証明書発行

成績証明、在籍証明、推薦状などの費用です。