失敗とは・・・エジソンの言葉

2014年8月26日

2学期の始業式で、「成功の秘訣」について語りました。成功するためには失敗することが必要です。

 

1)失敗は当たり前だと思うこと。誰もが最初から上手くできるわけではありません。多くの失敗があって成功があります。

2)失敗を悪く言う人の言葉に耳を傾けない。そのためにも失敗の必要性を認識しておく必要があります。

3)失敗を喜ぶ。失敗する原因が分かれば、それに対処することが可能です。

4)小さな進歩に気づく。失敗の中にも実は進歩があるはずです。それに気がつけばやる気が出てくるはずです。

5)最後に、最も大きな成功の秘訣は、失敗しても決して諦めない。成功するまで頑張る。これで成功間違いなしです。

 

こういう話を子供たちにしたわけですが、実は「失敗は成功の母」という言葉を残したのはエジソンだと言われています。エジソンは小学校を中退するほどの劣等生でしたが、母親がエジソンの疑問に丁寧に答えてあげました。学校では2)悪く言われたのでしょうが、それを癒す母親がいました。

 

また、エジソンは失敗に挫けない人でした。電球の開発実験に一万回失敗したことをどう思うかと質問されたとき、彼は「私は失敗していない。失敗する原因を一万個発見したのだ」と反論しました。何という積極的な考え方でしょうか。何度も失敗を繰り返すと続けるのがいやになりますが、後数回続ければ成功するかもしれません。そこが失敗に終わるか成功に終わるかの境目のような気がします。エジソンは1)2)3)4)5)に長けた人だったと思います。

 

上手く行かず時には挫けてしまいそうなお子さんたちを、励まし支えていきましょう。